未分類

テスト

マーケットの注目は、今週末のG20、米中首脳会談、そして12/11予定のブレグジット合意案採決くらいでしょうか。12/11以降は大きな材料がないので、ここで動かなければ年内に動意づくのは期待できない気がします。市場は、合意してソフトブレグジットを織り込んでいるはずですが、ポンドは下落しています。

週足を見てください。

今月は、4週連続で週足陰線、プライスも三角持ち合いの底値付近にあるので、テクニカルでは下降トレンドです。特に、下降トレンドラインがヘッド&ショルダーズのショルダーになっているので、下降トレンドの信頼度は高いといえます。今は14時ですが、20pips下の1.2720にはストップがあるようです。

大局に従い、私も今週はポンドはショートしかしていません。ただし、思い込みでトレードしてしまったので、実際には損失でした。

ポンドオージーの1時間足を見てください。

Aのポイントは、おとといの16時台です。上昇トレンドラインが綺麗に引けたのと、15分足でもパーフェクトオーダーだったので、上昇トレンドラインを下抜けて下降トレンドになると思い、ショートしました。実際は上昇トレンドラインで反発していますね。完全な思い込みです。

ポンドニュージーも、同じようなトレードでした。

1時間足です。

 

 

Aのポイントを下抜けると思い込み、早めにショートしました。

Aで一瞬下抜けましたが、切り返して反発しました。

 

エントリーするならば、下抜けたのを確認してからでないとダメですね。下抜けを期待してショートすると、確率は低くなります。トレード回数を減らしてでも、下抜けてからショートすべきだと考えています。

 

また、どちらのトレードも損切りを入れてなかったので大きな損失となりました。

 

エントリーだけでなく、イグジットも失敗といえます。下げを予測してエントリーするのはいいとしても、損切りを入れないのは絶対にダメでしょう。これでは勝てませんね。負けトレードですが、参考まで宜しくお願い致します。