未分類

Vol.1005 今年最大の下げ幅

昨日のドル円は、1日で180pipsほど下げ、今年最大の下げ幅を記録しています。クロス円も下げていますね。

ドル円は、数時間前にテクニカル的に重要な節目を作りました。
まず日足を見てください。

この三角持ち合いは、FOMC前に配信したVol.1003と同じラインです。昨日180pips下落し、Aで完全に下抜けています。200EMAよりも下で確定していますし、上昇トレンドは終わりと見ていいでしょう。そうなると、デイトレードは、シンプルに戻り売り戦略が正しいです。

別のラインを見てください。

水平のサポートラインも下抜けています。Aが直近の安値でした。
テクニカル的に重要なのは、このサポートラインでしょう。
これを15分足で見てください。

Aが今日の15時です。時間的にも、テクニカル的にも、節目となるポイントです。ネックラインにぶつかり、そのあとトレンド回帰して移動平均線がパーフェクトオーダーになっているので、売りシグナルです。欧州に入って下落のスイッチが入ったといえます。日足で見たサポートラインに対して、S波動ですね。

Aのサポートラインを上抜けると、ダブルボトムが形成されるので、小休止になりそうです。当面はAの価格帯がネックです。

ただし、今日はこれ以外にも考慮すべきなのが、オプションでしょうか。
クリスマスと年末を控えているからか、NYカットオプションが、111.50円に大量にあるようです。111.50円は、Aのネックラインより上です。重要なネックラインとはいえ、オプションが大量なので、24時のカットオフタイムまではネックラインを行ったり来たりするでしょうか。

基本はテクニカルで、あとはFOMC後であること、今日みたいな季節的なことやオプションなど、ちょっとしたファンダメンタルも注意したいです。