未分類

Vol.1016 トレード環境

現在のトレード環境を紹介します。
モニターは何枚で、どのように使っているのか参考までに紹介します。

年末のブログでは書いたのですが、2か月前に自宅兼トレードルームを建てました。ようやくモニターの配置などが決まり、紹介できるくらいまで片付けができました。

使うモニターは、5枚にしました。
今回の引っ越しで、かなりのモニターを捨てました。以前(3年ほど前)は14枚のモニターを使っていましたが、シンプルにしたいので10枚を捨てて4枚残しました。そして1枚購入しています。

正面から見ると次のようになります。

デスクをコの字型に置き、①~⑤のモニターがあります。

①②③と⑤は、前から使っているモニターで、サイズは21.5インチです。④は、2か月前に新たに購入した4Kモニターで、サイズは43インチです。43インチは、今回初めての試みで、小さなモニターを何枚も置くよりも大きな1枚にしたらどうなるか、実験です。最初は目が疲れましたが、2か月で慣れました。今のところ、43インチにすべし、という印象はありません。逆に、同じ場所を占有するなら、43インチ1枚よりも、21.5インチを4枚置いた方が、表示できる情報量は多くなります。そのため、43インチが大成功とは言えません。使い方によるのでしょうが、パソコン画面は大きければ良し、ということにはならないのと同じです。

左から見ると、次のような感じです↓

右から見たものです↓

それぞれのモニター表示しているのは、次の情報です。

①4時間平均足10通貨ペア
②③15分足10通貨ペア(デイトレード用の25EMA・75EMA・200EMA表示)
④上側が1分足(エンベロープ表示)、下側が取引画面
⑤自動売買用のMT4

トレードするのは、④の画面です。
画面上が1分足で、10通貨ペア全て出せないので、値動きに応じて5~8通貨ペアを出しています。画面下に取引口座を出してクリックして注文します。

また、デスクの手前にあるノートパソコンは、ブログや記事を書いたり、録画やネットサーフィン、ワードエクセルの作業など、日々のトレード以外の作業です。

参考まで、宜しくお願い致します。