未分類

Vol.1049 上段と下段に分ける

昨日は、スキャルピングもやっています。
チャートは1分足ですが、1.1250を境に、「上段」「下段」を決めていました。

下げるなら、1.1250まではくると想定していたので、上段では順張りショートの戦略でした。下段は、分からないのでエントリーはゼロです。私はよく相場を上段と下段に分けます。ポイントとなるネックラインがあるときにそうします。今回だと、トレードは上段、下段では出は出さない、という戦略です。これが良いか悪いのか分かりませんが、トレードする場所を決めて、それに従っていると冷静にトレードできるということでしょうか。

 

このように決められるのも、チャート分析をしているからです。15分足から週足までしっかり分析し、スキャルピングにするかデイトレードにするか、そのときに判断しています。その意味では、スキャルピングとデイトレードは、別のやり方では無く、保有時間を変えただけで戦略の立て方はほとんど同じといえます。