未分類

Vol.1054 長期的視野で

社会人になってから、勉強する習慣がある人は、ほとんどいないと思います。資格を取るために、一時的に勉強することはあるでしょうが、何か目的をもって学ぶことはないですね。

FXで上達しようと思ったら、学生の時のように学ぶ習慣をつけないといけません。大人になると、何かと効率を求めようとします。そうなると、コツコツやることに我慢ができなくなります。しかし、トレードの上達に、これをやれば近道になるというものはありません。毎日コツコツやるしかないです。

FXが難しい点の一つに、相場が変わることです。
年初のフラッシュクラッシュ以降、マーケットの売買高が激減しているようです。ブレグジットが大詰めを迎えているにも関わらず、ポンドの売買高も低迷のようです。

為替市場は、数か月おきに波が大きく変わります。
相場が変わると、学ぶことがや実践内容が変わるので、これまでやってきたことに意味があるのか疑問に思います。ただ、コツコツやっていると、どこかで勝てるようになるのも確かだと思います。手ごたえが無い日、モチベーションが上がらない日はあっても、継続することが重要だと思います。

昨日は、10時間くらいチャートを眺めていました。でも、トレードポイントも発見できず、手ごたえはありませんでした。それでも、長期的に見るとそんな日もあると思います。毎日やっていると、なぜか利益が出ます。投資は、短期的にどうこうではなく、長期的視野で考えることが重要です。効率よりも、毎日量をこなすようにしましょう。