未分類

Vol.1068 リスクオン相場か

週明けのマーケットは、9時過ぎの時点で日経が300円の上げ幅です。ドル円も、先週木曜と金曜で100pips上げました。為替市場でリスクオンがどうかは、クロス円を見るようにしています。どのドルストレートも下げず、主要なクロス円の上げ幅が大きいときは、リスクオンです。

中長期的には、年初のフラッシュクラッシュから漂っていた悪い雰囲気が、払しょくされたでしょうか。

オージー円の日足を見てください。

200EMAがまっすぐなので、ネックラインが引きやすいです。
高値どうしを引こうとすると、下降トレンドラインは引けません。高値ではなく、200EMAに沿って引くことがポイントです。そうするとネックラインが引けます。黄色の丸が、節目の価格帯として浮き出てきました。

金曜日の上げで、下げトレンドを上抜けましたね。こうなると、相場が変わります。オージー円に関しては、年初のフラッシュクラッシュ相場から雰囲気がガラッと変わりそうな、顕著な通貨ペアです。それが上昇トレンドになるのか、それともレンジ相場になるのかは分かりませんが、いつ下値をトライしていくるか、というチャートではなくなりました。

いきなり上昇トレンドという形でもないのですが、相場が変わる節目、という認識はしておきたいです。黄色の丸のように、(チャート的には)しばらくもみ合うのが普通です。ではトレードはどうするかというと、15分足や1時間足でラインを引いて、しっくりくる通貨ペアを追いかけ、その日数時間のホールドで、利益が出そうなポイントでエントリーすればいいと思います。

オージー円1時間足です。

200EMAにあわせ、斜めのラインをひく。斜めだけでなく、水平ラインの引く。というのが基本です。