未分類

Vol.1079 ドル円クローズ価格・・

今週は、ドル円クロス円が月曜にギャップダウンしてそのまま下げました。オージー円とユーロ円は、窓を埋めてから一気に下げましたね。1週間同じトレンドが続くと、トレードしやすいと思います。1週間のどこかでトレンド転換すると、エントリーポイントの練り直しが必要になるので、難しくなります。

トレンドが出ているときに、いかにトレードするかが大事ですね。斜めのラインと水平ラインの2本のラインを引き、重なったポイントは特にチャンスです。

さて、ドル円は日足でみると、ネックラインを下抜けてクローズしそうです。

Aは半年前で、Bがフラッシュクラッシュ後のダブルトップです。今はAと似た環境でしょうか。ダブルトップでヘッドをつくって、ネックラインを下抜けしようか、というポイントです。このあとクローズしてみないと分かりませんが。

ポンド円、オージー円、とユーロ円はすでにネックラインを下抜けているので、ドル円が下抜けると足並みがそろいます。ドルストレートとクロス円がそろってサポート帯を下抜けている状態だと、ちょっとした下落に注意でしょうか。じりじりと下げて、どこかでドカッと下げるようなイメージです。週明けは、ドル円の109.50円は注意したいと思います。さきほど、ぴったり109.50円タッチしていますね。反発しています。

為替の変動要因はランダムですが、このように意味のある価格帯があるからこそ、テクニカル分析が存在するのでしょう。