未分類

Vol.1082 現在の環境

ドル円とクロス円は、同じ流れが継続しています。
相場は、斜めのラインと水平のラインが引ければ問題ありません。基本は、この2つのラインです。シンプルに考える方が、トレードはしやすいです。

現在のオージー円1時間足を見てください。

Aで反応し、昨日はBでS波動(ロールリバーサル)がでていますね。
ポンド円は、30分足で見てみます。

カウンタートレンドラインが引けます。
AとBは、同じ角度です。10:50時点で、Bのカウンタートレンドラインは下抜けた状態です。環境としては、Cを似ていますね。このあと、下降トレンドラインにぶつかるかどうかがポイントでしょうか。

ドル円ですが、4時間足で見てください。

ネックラインがあります。
Aが結果的にサポートになり、Bで反応している状態です。現在はネックラインを上抜けておらず、上ヒゲになった状態です。

ポイントは、このネックラインと、昨日の高値でしょうか。ドル円は、7日連続で高値を切り下げています。30分足で見てください。

 

昨日の高値を上抜けると、大きめの戻りも想定もできます。昨日安値を切り上げたことで、ダブルボトムになっていますね。かりにこのあと下げたとしても、ヘッド&ショルダーズの右ショルダーの可能性もあります。こういう底値圏のチャートパターンがでたときは、上下どちらにもくるっと反転することが多くなるので、細かく利食いしていくことが多いです。ドル円は15分足レベルで、昨日からレンジに入っているので、個人的にはどの通貨ペアもロンドンタイムまで様子見です。

働いていると、なかなか朝はチャート分析する時間が無いと思いますが、サラッと見るだけでも、そのあとの飲み込みが早くなります。ちょっとした空き時間にスマホで見ると良いと思います。