未分類

Vol.12 今週の相場判断

金曜日はNY時間からドル買いが入り、NYクローズまで動意付いていました。
今日は東京時間から流れがどうなるのか見ていましたが、今のところ動きはありません。
動きが無いので、先週からの流れが継続する可能性があります。
そこで、今からの戦略です。
■ドル買いが継続した場合
先週と同じような暴落が高確率で発生しやすいです。
安値更新を続けるはずですので、先週と同じトレードを心がけます。
第一ゾーンでじり安があり、そこから一気に安値ブレイクとか、
10分間の値幅が40pips前後のトレンドが1日に何回か発生する、などです。
同じ流れなら、第二ゾーン~第四ゾーンが的になりそうです。
ストップや節目のチェックは忘れないようにします。
■ドル買いが否定された場合
GBP/USDやEUR/USDは急騰するはずですから、第一波のエントリーは
様子見するかもしれません。
押し目を付けてきちんと第二波がやってきたら、逆張りで仕掛けるつもりです。
押し目を付けて上昇した波は、反転も期待大です。
節目が見当たらないので、大きな流れの一時的な戻りになる可能性もありますので、
少し利を伸ばすポジションも作ります。
じり高からの急騰はショートカバーなど考えられますので、最大のチャンスの時に
損切りにならないよう注意します。
上げ方をよく見る、という事です。
相場は、行きたい方向とは逆に方向へ行って助走をつけ、そこから進む傾向もあります。
ですので、一時的に逆へいっても上か下か両方を考えています。
今週はFOMCがありますので、そこまでの波とFOMC以降の波が同じなのか
注目したいですね。
波が変わると、相場の値動きも変わります。
この点に注目するだけでも、根拠のあるトレードができます。
自分の落ち度を減らせば、結果的に勝率が上がるはずです。
先月から、
GBP/USDは850pips下落、
EUR/USDは1,000pips以上下落している点も注意です。
宜しくお願い致します。
ぶせな