未分類

Vol.13 昨日の分析

昨日のトレードを振り返ってみます。
昨日の16:00頃にVol.12を配信してから、EUR/USDが大きく上昇しました。
EUR/USDが上昇した場合の戦略は以下の通りでした。
①第一波のエントリーは様子見でも良い。警戒する事。
②押し目を付けた第二波以降に逆張り(押し目があれば反転の期待大)。
③節目が無いので一時的な戻りの可能性。利を伸ばすポジションを作る。
④じり高からの急騰に注意。

結果を見てみます。
①第一波で第一ゾーンはノーエントリーか数本様子見をしました。
②押し目を付けた後の上昇は、しっかり反転しました。
③短期トレンドだけで、一時的な戻りになりました。
④じり高からの急騰は無かったです。

事前準備が9割です。
想定が当たるか外れるかではなく、準備しておく事が重要なのです。
外れれば損切りするだけです。
このように準備していましたので、エントリー後はトレードが本当に楽でした。
エントリーして「どきどき」するとか、「手に汗握る」とか、全くありません。
エントリー後は1割の労力しか使っていないからです。
これ実は、相場分析と検証がその場でできてしまうのです。
事前準備をするという事は、前もって相場分析する事に他なりません。
相場が終わってから、「さて今日の相場はどうだったか」なんて向き合っても、
面倒ですよね。
事前に考えておけば、予想がどうなったのかその場で分析できます。
リアルで動いている相場を前にして、その場で肯定と否定をして目線を変えていく。
予想が外れれば、考えをすぐ転換する事ができます。
下落目線だったけど、上昇目線に変更できます。
なぜなら、理由があって下落と予想し、その理由が否定されたからです。
なんとなく下目線だと、なんとなくしか目線転換できません。
なんとなく下がりそうだからショート、なんとなく利食い・・・。
どうなるかというと、ロスカットできないとかなぜ負けたのか分からないとか、
勝てるようになりません。
ちょっと話がずれましたが、②はテクニカル的に重要ですので、
②のポイントを画像添付しました。矢印が押し目です。
①押し目ポイント(0316)
また、今日の全トレード履歴を添付しますので参考にして下さい。
今日はヒロセ通商の口座1つだけでトレードでした。
反省点もあります。
利を伸ばすトレードが少なかったです。5ピップ以上取ったトレードが数回だけでした。
その分勝率が高いという自負が、妥協を招いてしまうのですね。
②トレード履歴(0316)
③トレード履歴(0316)
追伸
----------------------------------------
今日の戦略は昨日と同じですが、どちらかというと下落に注意したいと思います。
EURとGBPは昨日1日かけて下落するための戻りを作りました。
USDとAUDは三角ゾーンで目線は中立です。
明日以降に流れが変わる可能性を考えておきます。
昨日からの波が続いているのか、まずはそこから考えています。
上か下かの目線を絞るのではなく、両方のパターンを想定する事ですね。
宜しくお願い致します。
ぶせな