未分類

Vol.416 モミ幅でスキャルピング

昨日のドル円は、11:00すぎにつけた高値から25:30までに200pips以上の下落でした。
23:00台の101.00円の攻防戦では、下抜けたら暴落するかもしれないと思っていましたが、
ダラダラと下抜けるだけで、オーバーシュートしなかったです。
モミ幅が分かったので、ここでは狭いレンジ幅でスキャルピングをやってみました。
画像①をご覧ください。
①ドル円1分足0803
黄色の四角が、101.00円の攻防戦です。
狭いモミ幅ですね。
しばらくこのようなモミ幅だと想定し、黄色の箇所で何度もスキャルピングをした履歴が
画像②です。
②履歴0803
ワンショット45枚で、約定価格を見れば分かりますが101.00円前後です。
ちなみに、ここはトータル勝っていますが、このあとは負けています。
黄色の四角の箇所のように、モミ幅が分かったところは勝てています。
やはりというか、なんとなくポジポジ病みたいになったところは、負けます。
狭いモミ幅でも、レンジ幅が分かった箇所ではトレードしても期待値は高いと思います。
最近は、値幅が出た後、ぱったりと値動きが止まってモミ幅を形成することが多いので、
分かった箇所だけ、トレードしてみようと思っています。
ただし、毎日これで利益を出すのはまだ難しいと感じます。