未分類

Vol.489 ユーロドル低ボラ

現在のユーロドルですが、発足以来の売買量が低い状況です。
歴史的な低ボラティリティになっています。
今年は円、ポンド、ドルと注目通貨が変わっていき、
ユーロは膠着状態ですね。
中長期のトレンドが出れば、それは必ず終わりレンジ相場になります。
今はレンジといえるでしょう。
週足を見てみます。画像①です。
①ユーロドル週足1025
チャートを見れば納得ですね。
トレンドが終わればレンジであるという状態で、次の相場のためのモミ幅
を形成しています。分かりやすい形です。
いずれ、必ず動いてきます。
日足が画像②です。
②ユーロドル日足1025
モミ幅も、強気と弱気で上段と下段に分けられます。
現在は、下段へ入り込んできて25EMAが真ん中の水平ラインを下抜けてきました。
それまでは、3本のEMAが収束していたものが、角度が出始めましたね。
2週間前、Vol.468でEUR/USDを配信しましたが、
このストップを下抜けて、安値を切り下げ続けています。
こういう大きな流れを捉える事で日々の一回のトレードに
自信が持てると思います。
上位足を把握し、下位足でエントリーポイントを探るというのが基本です。
監視通貨の週足もチェックしてみてください。
少なくとも、今トレンド相場なのか、レンジ相場なのか、
これは絶対頭に入れておく必要があります。