未分類

Vol.609 スイングトレード

今月から、スイングトレードを開始しました。
ブログにも書いたのですが、デイトレードでポジションを
持ったまま翌日に持ち越すことはありましたが、
どうしてもスイングという概念がなく、もう少し長く
ホールドしてもいいと思いながらもとりあえず利食ってしまおう、
というのがほとんどでした。
これでは検証にならないので、
スキャルピング、デイトレード、スイングトレードの3つの口座を
完全に分けて検証しようと思います。
スイングは、
長い時間軸、日足と4時間足を基本とし、1時間足でエントリータイミングを
はかるつもりです。
1時間足より短い時間軸では、一時的な逆行で迷ってしまうので
判断には使用しないと思います。
利食いは値幅達成まで、
損切りは大きな節目を逆行するまで、です。
トレンドフォローで順張り、
100pipsオーバーを狙うので、レンジの時に連敗しない事が
スイングで勝てる秘訣ではないかと思います。
また、押し目と戻りが必ず発生するので、
一時的に含み益は減ります。
この、一時的な逆行の見極めもポイントになりそうです。
相場は、
1.上昇トレンド
2.下降トレンド
3.レンジ
この3つしかありませんので、
流れを把握すること自体はそんなに難しいものではないです。
値幅、押し目(戻り)、一時的な逆行、このあたりに
注意を注ぐことでしょうか。
私は、かつてリーマンショックの時スイングトレードで1,000万を
失っています。そのためか、
それ以来、短期勝負のスキャルピングしか考えていませんでした。
そろそろ傷も癒えたのか、スイングトレードもやってみようという
心境の変化があります。
スイングが続くのかどうか、
そして勝てるのかも分かりませんが、
やってみない事には前に進まないですからね。
引き続き宜しくお願い致します。