未分類

Vol.624 ポンド急騰でスキャルピング

イギリスのメイ首相が選挙を前倒しするとの声明を発表し、
ポンドが急騰しています。
ブレグジット自体はポンド下落の要因ですが、
ソフトブレグジットだと、ポンド買いになっています。
EU離脱は2年後、それまですんなり進む事はないはずですが、
よぼどの悪材料が出ない限り、下落には免疫ができているようですね。
IMMポジションでもみましたが、数年にわたってポンドはショートが
積み上がっています。ショートカバーには警戒したいです。
急騰時に売りを損切りせず、そのまま持ち続けると大損します。
驚くほどpipsが抜かれますので、注意すべき点ですね。
昨日はポンド円は、逆張りショートをしましたが、
じり上げで利益にはなりませんでした。
1分足を見てみます。
①ポンド円1分足
声明を発表すると報道され、悪材料と思われて底をつけたのが
18:46でした。ここからY波動がでましたね。
確率的には反落が高いですが、2倍のY波動の2倍をブレイクしました。
Y波動が押し目となってさらに上値更新しています。
じり上げが強いので、損切りだけは必ず行ないます。
結果的に利益はゼロですが、勝てない時でもゼロで済ませる
ことが大事でしょうか。
②履歴0419
10pips以内の損切りで済ませたいですね。
全て逆張りですが、逆張りを推奨しているわけではありませんので、
裁量で判断してくださいね。順張りも組み合わせてください。
順張りも多用しますが、どこで順張りするかはその場で判断するので、
なかなか事前の説明が難しいところがあります。
必ず見ているのは、普段配信しているチャートパターン、
そしてネックラインは大事にしています。
ネックラインは、何度も反転しているところやブレイクした箇所、
直近の高値安値が基本です。