未分類

Vol.809 FXを会社経営と考える

私がFXを始めたのは15年ほど前ですが、当時はこのトレードスクールのようなものは無く、本から情報を得ていました。最初の1年で100冊ほど読みました。本を読むことは、モチベーションアップに繋がるので、今でも読んでいます。FX以外にビジネス本や、小説も読みます。さすがに小説はトレードに役に立つことはありませんが。
自分だけの狭い視野で物事を見がちになりますが、本はそれを解消してくれる気がします。特に、ビジネス本は、FXの世界にそのまま当てはめることができます。FX=一人起業という経営者の立場です。私も皆様も、同じ経営者です。儲ける手段はFXです。この目線で本を読むと、とても楽しいです。
会社なら、一つの事業に全リスクをさらすことはできません。一発当てる、という考えでは、安定したビジネスは続かないと思います。いかにリスクを減らし、継続させるかが大事でしょう。FXなら、継続していれば利益は後からついてきます。リスクを減らす方向でトレードのやり方を決めていけば、FXで生計を立てることはかなり現実的です。現に私は専業ですし、少しつっこんでリスクを考え、それを解消する方法を取れば良いですからね。退場する人は、なぜそんなリスクを取るのだろう、と思うことがよくあります。
ビジネスなら、すぐに儲けるより継続させる方が大事だと思います。派手なパフォーマンスより、損失を防ぎ安定した収益が出せれば良いですね。継続できるトレードを、是非心がけてください。そうすると、何故かたまに大きく勝てるものです。