未分類

Vol.985 ユーロドル1.1300割れ

ユーロドルは、下降トレンドが継続しています。
割れてはいけない1.1300を、昨日下抜けましたね。下抜けた瞬間は1分足レベルで急落したので、強いサポートであったことが分かります。
現在の15分足です。
ユーロドル15分足181113
AとBは同じような環境です。戻りをつけてニューヨーク前半で安値更新です。ただ、今日のCは、チャネルラインを上抜けました。Dで値幅達成したからでしょうか。日足見ると納得できます。
ユーロドル日足181113
200EMAと下降トレンドラインの角度がピッタリなので、このチャネルは信頼度が高いです。チャネル下限(アウトライン)のAに、今朝6時にタッチしています。今週は、Aと1.1300の100pipsくらいの値幅をどちらに抜けるか注目です。週足が1.1300より下で確定し、陰線になると下げやすくなります。週足で下ヒゲになり、実体が1.1300より上になると、また環境が変わってきます。
一つ言えることは、ファンダメンタルでショートカバーは出るにしても、テクニカルは明確に下降トレンドです。
ドル円は、Vol.983のチャネルラインの流れが継続しています。
1時間足↓
ドル円1時間足①181113
113.50~114.00がレンジ幅です。
上昇トレンド回帰すれば、値幅は100pipsくらい出る想定ができます。このチャネルラインの値幅です。下記、ABを見てください。
ドル円1時間足②181113
どちらに抜けるかは、分かりません。ただ、移動平均線を見ていればヒントはあるので、チャネルラインとローソク足だけでなく、3本の移動平均線の向きをチェックしましょう。今のところ、1時間足でパーフェクトオーダーは継続しています。
1時間足だけでなく、週足・日足・4時間足がパーフェクトオーダーです。ここまでそろうのは珍しいと思います。ドル円は9月まるまる一か月上昇したで、その影響が上位足にでてきました。日足、週足は遅効性がありますからね。