未分類

Vol.994 ローソク足の切り返し

先週の動画でお伝えしましたが、ポンドが下落しているので引き続きショートでエントリーしています。

昨日の重要なポイントは、ローソク足が切り返したときです。
下記、15分足を見てください。

Aで、前日の安値を上抜けるネックラインにさしかかっています。しかし、ネックラインにタッチしてすぐに下落、ローソク足が切り返しています。このような動きは、ダマシを疑うべきです。上にいくと見せかけて、下へいく。Y波動にもなります。このローソク足の切り返しは、覚えておいてくださいね。

Aで反落し、パーフェクトオーダーになったら「売りシグナル」になります。Bで、先週火曜日から機能しているアウトラインにタッチですね。AからBまで、200pipsです。根こそぎ取るのは無理でしょう。パーフェクトオーダーになって、下げることを確認してからシグナルが出るので、天井圏は取れません。私は+85pipsでしたが、どこでエントリーすべきだったのか、難しいものがあります。勝ったら勝ったでもっと取りたいと思うのが欲です。

重要なのは、ルールを決めてそれを実行しているかどうかです。今回私はエントリーからイグジットまでルール通りだったので、勝ちトレードになります。かりにそれでも満足しないなら、ルールを変えるべきなのでしょう。とはいえ、今のルールで期待値が高いので、ルールを変える予定はありませんが。話はそれましたが、ローソク足がクルッと切り返す動きは覚えておいて損はありません。